KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週間少年ジャンプ20・21号感想

[ONE PIECE]
オトヒメ王妃、フィッシャー・タイガー、アーロンと人間に対するスタンスが三者三様なのが面白いです。アーロンのやり方がどのような結末を迎えるかは既に本編で示されていますが、3者の中では中道となるフィッシャー・タイガーはどうなるのでしょうか。天竜人に手を挙げた時点で海軍からは目の敵にされそうですが、それでも最後の一線を越えるなと部下を諭すフィッシャー・タイガー。ジンベエはともかくアーロンが我慢できるとは思えません。ここがタイヨウの海賊団のアキレス腱になりそうな…。

[バクマン。]
肉弾戦、平丸さんは中井さんに歯が立たず(笑)。まああの体格差ではねぇ…。中井さんの境遇に将来の自分の将来の可能性の一端を感じた平丸さんは、中井さんと和解して自分のアシスタントとして迎え入れます。このあたり、やはり大物と言わざるを得ません。思考回路は独特ですけどね(笑)。平丸さんとの触れ合いの中で、中井さんがもう一度かつての情熱を取り戻すことを願います。

[NARUTO]
ナルトとビーが協力して結界を破壊。もうビーは完全に当初の目的を無視してますね。いや、はじめから話をちゃんと聞いてなかったのか(笑)。戦場はチョウジの活躍もあって、忍側がほぼ制圧した模様。ここで、遂にマダラが出陣。なにやら巨大なを口寄せを行いますが…。

[magico]
ゾディアの思想は危険ではありますが、悪とはいえないところがなんとも…。エキドナの力を私利のためではなく公益のために使うというゾディア。確かに「夢の世界」が一人の命と引き替えに手に入るのであれば安いものなのでしょう。しかし、その「一人」を大切に思う者にとっては簡単に首を縦に振れるわけがありません。儀式中で動けぬシオンとエマを、アニスとルーはゾディアから守ることが出来るのでしょうか。

[黒子のバスケ]
ついに誠凛と桐皇の再戦が始まります。でも、まともに試合したら、どうやっても誠凛が勝てそうな気がしないんですが…。黄瀬との試合でもまだ完全に底を見せていない青峰を、どうやって誠凛側が押さえるかが気になります。でも、青峰はまだ底を見せてないはずの黄瀬との試合で故障してるんですよね。黒子と火神の頑張りで青峰を本気にさせて、青峰の故障を誘発させるくらいしか、誠凛を勝たせる方法は自分には思いつきません…。なんとも少年誌らしくない方法ですが(笑)。

[めだかボックス]
希望ヶ丘候補生、見た目通りホントにアンドロイドですか…。

[DOIS SOL]
ナオ先輩、いきなりグラウンドに登場して問題発言連発。本心とは異なる言葉を連発しているようですが、その真意やいかに。それと、羽石には上級生の部員が登場しませんが、全員休部中って設定でしたっけ?
スポンサーサイト
[ 2011/04/30 01:31 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第10話 「トランプ勝負」感想

「鬼ヅモのジョー」と「イカサマのルカ」のコンビが、ザンギャックの船に潜り込んで根こそぎカッパぐお話でした(笑)。

バケツをかぶるとゴーミンに変装できるんですね!って、なんであれで誰も気付かないんだよ(笑)。敵の行動隊長は格好良くルカのイカサマの現場を押さえて正体を暴いているけど、それはなんか違うと思う。先に見抜かなきゃいけないものがあるよね?

トランプとくれば戦闘で登場するのはもちろんジャッカー電撃隊。女性用スーツのビッグワンが妙に新鮮です。登場するジャッカー電撃隊の必殺兵器のデザインはどこから見ても大砲そのもの。その外観に時代を感じてしまいます。

それにしてもマーベラスの意外な弱点が発覚です。どうやらギャンブルはからきし弱い模様。でも本人は自覚が無いのかなぁ。ワンペアで自信満々にカードオープンしちゃだめでしょ(笑)。

スイートプリキュア♪ 第11話 「ギョギョギョ!謎のプリキュア現るニャ!」感想

セイレーン様、王子先輩に一目惚れして以来、仕事に身が入っていないことをバスドラさんからメフィストさんにチクられたため、とうとうリーダーを解任されてしまいます。そして次期リーダーの座はバスドラさんに。セイレーン様はショックのあまり姿をくらましてしまいます。

バスドラさんが音符を回収するために仕掛けた「音楽自慢大会」ですが、音楽好きな加音町の住人達は告知期間が短い大会にもかかわらず多数が参加している模様です。さりげなく、登場している以下のお二方。
・お菓子を配るスイーツ姫こと東山聖歌さん。
・響を助ける運動部助っ人仲間の西島和音さん。
今後の重要キャラであることをアピールしています。これでメインストーリーに絡んでこなかったらそれはそれで凄いフェイクです(笑)。

思ったよりも音符の集まりが悪く、発見されたのはたったの二つ。バスドラさん、早速ネガトーンに変化させます。このネガトーンが結構強く、キュアメロディとキュアリズムはピンチに追い込まれます。絶体絶命の場面でキュアミューズ登場!軽やかな動きでネガトーンの攻撃を回避するキュアミューズ。隙を突いて敵の動きを止める特殊攻撃を披露します。動きの止まったネガトーンにミュージックロンドでトドメを刺すキュアリズム。ネガトーンに苦戦した二人に対してそれでもプリキュアかと結構言葉のきついキュアミューズのフェアリートーン(笑)。ハミィの連れているフェアリートーンと違って良く喋ります。対して無言のキュアミューズ、実に対照的です。メロディのドリーと同じ語尾ですが、こちらはオクターブが違うと言うことなのでしょうか?

今回、特に響と奏が仲違いしてハーモニーパワーが落ちているという描写もありませんでしたから、純粋にバスドラの召還するネガトーンのパワーが強いということなのでしょうね。これは今後もキュアミューズの助けが必要となるシーンが多々ありそうです。もちろんさらなるメロディとリズムの強化も行われるのでしょう。CMで既に流れているフェアリートーン2個使い技の習得の過程についても、どのようなドラマとなるのか期待しています。

そして、気になるキュアミューズの正体ですが、順当に考えればセイレーン様と思わせる作劇ですが、今回、事が終わってからバスドラのところに帰還している辺り、何を考えているのかよくわかりません。ネガトーンを倒す手助けをしたものの、それは単にバスドラに対する嫌がらせであって、完全にマイナーランドに敵対するつもりではないということなのでしょうか。それとも、他に何か意図があるのでしょうか…。

週間少年ジャンプ19号感想

[ONE PIECE]
オトヒメ王妃、あまりしらほし姫に似てないですね。
しらほし姫は誰に似たんだろう…。

[NARUTO]
イルカ先生、ナルトを止められず。
ナルトが戦場に出ることで、敵の行動も変わるはず。
敵味方とも、どのような行動に出てくるでしょうか。

[バクマン。]
中井さんの転落ぶりがすさまじい。作者は、中井さんに何をさせたくてストーリーに復帰させたんだろう…。ある一人の男の転落人生を書ききりたかった…、てことはないよなぁ。というか、平丸さん、殴り合いのケンカなんてできるのかな…。

[magico]
ルーの仲間入りがほぼ確定か。
森がいつもより元気なのはエキドナのせいもあるのかな?
そして、他にもエキドナの秘密に気付く者が。西方三賢者の一人ゾディア登場。シオンと同格の肩書きの持ち主ですが、その実力やいかに。

[黒子のバスケ]
キセキの世代の主将、赤司がついに登場。予想以上に切れた性格です。もっと理知的な性格かと思ってました(笑)。過去に将棋を嗜む姿が描写されてましたから、相手の行動の先を読むのが得意のはず。もちろん、火神がハサミを避けるのは当然想定済みだったんですよね?でなけりゃ、いまごろ傷害か殺人でお縄ですから、「勝利」どころじゃない人生を歩むことに。他の人達も特に驚いていないから、中学時代からこの様子だったのでしょうね。そりゃ、黒子も「帝光のバスケは何か大切なものが欠落している」と感じますよ。ていうか、赤司の思想は何かが欠落しているレベルじゃなくて、根本的に間違っているとしか思えませんが…。

[DOIS SOL]
勝歩のFKでついに逆転。自分の体を心配しゴールに喜んでくれる仲間を得て、勝歩は仲間とプレーする喜びを噛み締めます。
そして西怜高校より後半にレギュラーを使いたいとの申し入れが。本気になった西怜高校、後半が楽しみです。

[めだかボックス]
球磨川くん、改心する前とさほど変わっていないような…。めだかちゃんは絶対もう一度締め直した方が良いと思います。
残った5人中4人が女子ですか。女子率高いですね。でも、球磨川くんの発言で初めに紹介されていた名のある中学生までリタイアしているのは謎です(笑)。モブよばわりされた程度では自分に自信のある者は崩れないと思うのですけど。それだけ、球磨川くんの発言には力があるのでしょう。恐るべし(笑)。
[ 2011/04/23 23:40 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第9話 「獅子、走る」

ワルズ・ギル殿下が妙にカワイイです。部下が勝手に進めている作戦について、指揮権を取り上げてしまうだけですまして、それ以上の叱責を行わない辺りは意外と大物?と思わなくもありませんが、実は単にダマラスに強くでれないだけという線もありそうなところがなんとも(笑)。しかし、この一件で、ダマラスの殿下への裏切りフラグが立ったような気がするのですが…。

そして、ガオレッド・獅子走とご対面のゴーカイジャー。海賊達の態度の悪さに、走は最悪の印象を持った様子(笑)。でも、態度は悪くとも、困っている人達を見捨てられないのも彼ら。街中で襲われている一般人を助ける彼らを見て、走とガオライオンもゴーカイジャーのことを認めます。

そして、第4のお宝をゲット。意外にもガオゴーカイオーはケンタウロス状態に!てっきり胸にライオンが入って勇者王状態になるのかと思ってましたよ(笑)。
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。