KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイートプリキュア♪ 第44話「ドレラド~♪ 聖なる夜に生まれた奇跡ニャ!」感想

不幸のメロディが完成し、プリキュアへの変身能力も失ってしまった…。

大層落ち込む4人組に、音吉さんから明るい知らせが届きます。遂にパイプオルガンが完成したとのこと。妙に自信満々の音吉さんとクレッシェンドトーンさん。その自信に引っ張られて、響達も明るい笑顔を取り戻します。

そして、クリスマスコンサートを待って襲来してくるファルセットさん、マジきたねえっす(褒めてます)。皆の喜びを悲しみに塗り替える、その落差こそが極上の不幸となるって感じですかね?音吉さんのパイプオルガンも、ファルセットさんの歌う不幸のメロディを相殺するのが精一杯で、そこにピーちゃんの雄叫び攻撃が加わると、持ちこたえることが出来ません…。音吉さん、自信満々だったわりには…と言いたいところですが、不幸のメロディと互角なだけでも充分凄いと思いますよ、ホントに。

そして、遂に復活ノイズ様!

音吉さんと4人娘以外の人々は石化されてしまい、ノイズ様とファルセットさんが次に目指すはメイジャーランド。ファルセットさんは、用済みとなった伝説の楽譜をネガトーン化して、音吉さんと4人娘の後始末を命じて去っていきます。メイジャーランドの宝であろう伝説の楽譜にトドメを刺させようとは、ファルセットさん、なんてイヤミな作戦なんでしょうか、マジ鬼畜です(褒めてます)。

しかし、ファルセットさんの想定外だったのは、響さんの諦めの悪さでした。まさかネガトーン化した伝説の楽譜に説得を始めるとは…。しかもそれが通じてしまう辺り、響さん、マジパネェっす。後光が差すレベルですよ、ホントに。夢原さんの領域に手が届くところまで来てしまったかもしれません。あの響さんがここまで成長するとは1年前は想像もしなかったな…。

伝説の楽譜から新たなト音記号をゲットしたあとは、「楽にしてあげる」といろんな意味でやばそうなセリフでネガトーンを浄化します。今期のプリキュアさん、ホントにこういう場面で躊躇しないよな…。悪を浄化することにためらいががありませんね(笑)。

そして、今回のサプライズ第2弾。調べの館が箱船形態に(笑)。ウチの子らはゴーカイガレオンだと喜んでました(笑)。確かにそう見えなくもないですね(笑)。
スポンサーサイト

週刊少年ジャンプ03・04号感想

[NARUTO]
カカシ先生驚異の理解力。
頭脳明晰ってやっぱりいいですね(笑)。

[ONE PIECE]
ルフィ、海軍の内紛の話まではちゃんと聞いていたんですけどね…。
黒ひげには興味なし?

[ニセコイ]
料理は見かけによらない?(笑)

[黒子のバスケ]
手も足も長い紫原くん。
3Pまでカバーするって、どんだけっすか?(笑)

[クロガネ]
葉桜くんはこのまま片腕剣士を極めるのかな?
ケガが回復した万全な葉桜くんをいつかみたいものです。

[バクマン。]
アニメ化、結婚、常にサイコーの先を行く平丸△。

[めだかボックス]
ダメ主人公はラブコメ向き…、確かに(笑)。

[鏡の中の針栖川]
打ち切り、ネタで使っている場合じゃない展開ですな(笑)。

[HUNTER×HUNTER]
ハンターライセンス保持者のデフレが凄まじい…。

[magico]
せっかくできたお隣さんがいきなり…(泣)。

[ST&RS]
最後の光は「みんなの気持ち」でいいのかな?
[ 2011/12/25 22:08 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダムAGE 第11話「ミンスリーの再会」感想

フリットくん、すっかりユリンちゃんにお熱ですね(笑)。

自室でユリンちゃんのリボンを見つめるフリットくん。エミリーちゃんに見られてとっさに隠すあたりは、エミリーちゃんにユリンちゃんのことを知られたくないってことですな。さすがに、エミリーちゃんに知られたらまずいという自覚はあるわけだ(笑)。

山道の途中でユリンちゃんを感じるフリットくん。木の枝を踏んだから…ってよりは、なにかNTの共感的なものがあったというようにも解釈できますね。他の人は一切気付いていない訳だし。

幼なじみの娘と戦場で知り合う特殊能力持ちの娘、その間でふらふらする主人公ってのはガンダムシリーズのお約束ですね。そして、特殊能力持ちの娘とは悲劇的な結末を迎えることが多い訳ですが、フリットくんの場合はどうなるのでしょうか。
[ 2011/12/24 23:18 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話 「伝説の勇者に」感想

ハカセ、勇者ってウソ情報ですか(笑)。

しかし週刊誌にあんなウソ記事出させるとは、編集部になにか強力なコネでも?実はハカセは勇者ではなくメディア王だったとか(笑)?それとも、既製の週刊誌に後からあのページを付け足したのかな?それはそれで凄いコラ技術だ(笑)。

そして覚悟完了したハカセは強いぜ格好いいぜ。殴り込み直後は随分カッコイイ戦い方だったけど、だんだんボロが出てきて最後は結局愉快な戦い方になっているところはご愛敬(笑)。

ところで宇宙最強のダマラス様をどうやって倒すのかな…と思っていたら、まさかのバスコ裏切り。後ろからざっくり刺すとは…。そんな手負いの状態でも普通の行動隊長よりよっぽど強いのはさすがとしか言いようがありませんが。ゴーカイガレオンバスター2発でようやくトドメを刺せたぐらいだしね。

それにしてもダマラス様、思ったよりもあっさりした退場でした。殿下を復活させたりとか、そんな展開を密かに期待していたのですが、それも叶わぬ夢でした(泣)。

スイートプリキュア♪ 第43話「シクシク……不幸のメロディが完成しちゃったニャ!」感想

冴え渡るファルセットさんの権謀術数…。オウムごときではファルセットさんの変装を見抜けなかったか…。ってか、なんで側近にオウムしかいないの?こんな警護体制ではアフロディテ様がさらわれるのも仕方がない…。映画といい、今話といい、アフロディテ様の身が持ちませんよ…。このところの抗争続きでとにかく人材が払底しているメイジャーランドです。もともとトリオ・ザ・マイナーもメイジャーランドの三銃士だったことが今話で開かされましたが、その後釜もいないようですしね…。

そして、マイナーランドに乗り込むプリキュア陣営も、ただでキュアモジューレを渡すつもりはなかった。ファルセットさんとの人質を巡る交渉は非常に面白かったです。キレまくる今話のファルセットさんと互角の交渉を行う北条さん、もう誰にも頭が弱いとか残念とか言わせない!交渉決裂と見せかけて、しっかりメフィスト様がアフロディテ様を救出するあたり、むしろプリキュア陣営側の作戦勝ちですね。さらに、バスドラさんとバリトンさんの救出にも成功し、ここまでは言うこと無しの展開です。

しかし、悪夢はその後に…。直後の戦闘でファルセットさんに足も出ないとは…。通常技×4では、全くファルセットさんにダメージが通りません。結局、全滅を避けるべく、ト音記号を差し出す形で一時停戦を申し入れて、撤退することに。作戦はほぼ完璧だったのに、単純に武力で全てをひっくり返されてしまったとは、なんともやりきれません。

マイナーランド側もいよいよピーちゃんとファルセットさんだけになってしまいましたが、不幸のメロディさえ完成すれば、あとはどうでも良いと言わんばかりのピーちゃんの高笑いが印象的です。

次回は、クリスマスに奇跡が起こるそうで…。去年もなにやら奇跡が起こりましたが、やはり今年も老人パワーが炸裂するのでしょうかね?(笑)
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。