KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話 「決戦の日」感想

宇宙最大のお宝を巡るゴーカイジャーの面々の思いに熱いものが…。

レジェンドの存在を消すことになってしまうなら、ゴーカイジャー達は宇宙最大のお宝の力は使うことは出来ません。そんななかで、ガイはザンギャック艦隊との激戦の後に、マンモスレンジャーのゴウシに出会います。そして、レジェンド達の思いを伝えられます。宇宙最大のお宝の力を使ってザンギャックを倒して欲しい。自分たちはどうなってもいい。レジェンド大戦の時に捨てる覚悟の命だからと…。ガイは自分の気持ちを押し殺してレジェンド達の思いを優先します。宇宙最大のお宝の力を使うことをマーベラス達に提案するガイの表情がとても辛そうです。スーパー戦隊を最も愛する男ゆえに、先輩たちの思いを拒否できないこの矛盾(泣)。

他の海賊たちはビックリ。まさかガイの口からそんな言葉が出るとは…。皆それぞれにガイを諭します。地球にはスーパー戦隊が必要だと。皆、ガレオンに集まる前に、スーパー戦隊が地球の人々に与えてきた影響の数々をその目にしていたのです。最も、スーパー戦隊を最も愛する男のガイがそのことを知らない訳はありません。本音では使いたくないことを皆は見抜いているのでしょう。そして、マーベラスが最後に言います。「後はお前がどうするかだ」と。

ガイの行動を決めるのはガイ自身の思いであるべき。それがマーベラスの発したメッセージ。ガイにとって先輩たちの思いを無視することは、先輩たちの存在を消すことと同じくらい辛いのでしょう。どちらを選択しても辛いのならば…。ガイは最初の思いに立ち返り、先輩たちに詫びながらも宇宙最大のお宝を破壊します。それを見てマーベラスが「これでお前も一人前の海賊だ」と遂にガイを一人前と認めます。そういえばマーベラスがガイをゴーカイジャーに入れた決め手は、ザンギャックを倒して宇宙を平和にすると言い切るその根性でしたね。いろんな意味で原点に立ち返り、困難の中にあってもそれを貫くことを決心したガイは確かに立派な一人前の男です。

そして翌日、侵攻を再開したダイランドーの前に立ちはだかるゴーカイジャー。マーベラスが遂に自らをスーパー戦隊と名乗ります。降りかかる火の粉を払うだけだった海賊達が、遂に本物のヒーローになった瞬間です。ああ、何とも言えない感動が…。戦いの前のダイランドーとのやりとりのセリフは第1話のセリフとそっくりな訳ですが、そのときとは意味合いがまるで違っているように感じます。戦闘が始まるとゴーミン達をあっというまに片付けて、残るはダイランドーとなったところで以下次週。まだ後ろに大艦隊も皇帝も控えているのに1週で何とかなるのか不安ではありますが、次回を楽しみに待つことにします(笑)。

スマイルプリキュア! 第2話「燃えろ!熱血キュアサニーやで!」感想

先日、家族でデパートに買い物に行きました。子供にせがまれておもちゃ売り場に出向いたところ、トレーディングカードアーケードゲームのコーナーにちょっとした異変が起きていました。普段ならドラゴンボールや仮面ライダーのゲーム機に人だまりが出来ているのですが、この日の一番人気はなんとプリキュアのデータカードダスでした。恐るべしスマイルさん人気!しかも、普段よりも人だまりを形成している年齢層が明らかに低い。一番目立ったのは、おそらく3~4才くらいの女の子達でした。スイートさんのときは、うちの娘と同年代(小学校の低学年位)の女の子を見ることが多かったのですがねぇ。スマイルさんは、第一話を見た感想として、スイートさんよりもターゲットをやや若年層にシフトしているのかな(といっても小学生低学年向けから幼稚園児向けって程度ですが(笑))と感じる部分がありましたが、市場もそのように敏感に反応しているのでしょうか。まあ、私の見たときが、たまたまそういう状況だっただけって可能性もありますけどね(笑)。ただ、スマイルパクトは私が見ていただけでも3つほど立て続けに売れていきましたので、おもちゃ販売の出足好調感はものすごく感じましたよ(笑)。スマイルパクトを買って欲しくて、だだをこねまくる女の子(幼稚園の年少さんくらい)も、多数見られましたし(笑)。ちなみに、うちの娘は、プリキュアのおもちゃを持っていると周りの子に子供っぽいとバカにされてしまうとの理由で、もういらないそうです(泣)。でも、テレビ放送は見るそうです(笑)。女の子の成長は早いなぁと実感しました(笑)。

さて、プリキュアのメンバー探しということで、早速日野さんと黄瀬さんに声をかける星空さん。2人いっぺんに勧誘とは仕事が速いぞ星空さん。あとで、キャンディにプリキュアのことは秘密と怒られますが、そういう大事なことは始めに言っておかないキャンディが悪い(笑)。しかし、日野さんにはバレーボール部に専念したいからと断られてしまいます。

日野さんはバレー部ですか~。プリ5でキャラかぶりのりんちゃんはフットサル部でしたが、日野さんは火の玉を手でしばくのですね(笑)。OPを見る限りは、緑川さんとりんちゃんの技が被りそうですが(笑)。3月のオールスターズの映画ではその辺はどのように突っ込みが入るのでしょうか。実は凄く楽しみです(笑)。

さて運動部で避けて通れないのは、その「努力」は報われるのか否かという命題です。成果が残酷なまでにはっきりと出てしまうだけに、「頑張っても無駄なんだよ…」とトライする前から諦める人が出てしまうのも仕方のないことかもしれません。実際、その競技でスポットライトを浴びるほどの活躍が出来る人は一握りだけ。その影には無数の敗者が存在するわけです。ただ、そんなことは百も承知と、自分はスポットライトを浴びるような人間ではないと自覚しながらも、「努力」を重ね続ける人間は決して少なくありません。実は私もスポットライトを浴びることは出来ない側の運動部員でした。でも「そんな努力は無駄だよ」と他人に笑われたとしても、こちらとしては正直だから何?って感じなんですよね。打ち込んでいるスポーツが好きで、「努力」に応じた「成長」の実感が感じられれば、それで充分「努力」を継続するだけのモチベーションになるんですよね。

日野さんもクラスの体育の時間では無敵のアタッカーですが、部活では部内ライバルの前に苦戦を強いられています。そして、エースの座を勝ち取るために、日野さんは部活練習終了後に個人練習に励んでいます。う~ん、なつかしいなぁ、この風景。こういう影練とかコソ練とか、上手くなる人はみんなやっていましたね(笑)。日野さんも努力の出来る子です。

そしてその努力をあざ笑うウルフルンを許せない星空さん。ウルフルンと星空さんのやり取りを聞いて、生身でアカンベェに立ち向かう日野さんが熱い!そんな日野さんの前にスマイルパクトが現れるのは当然でしょう!

しかし今作の必殺技は体力消費が激しいですね。キュアハッピーの2発目はまさかの我道拳レベル(笑)。体力ありそうなキュアサニーも必殺技発動後はへたれ込んでましたしね。やはり早々に人数を集めないとあぶないな(笑)。しかし、この調子で映画オールスターズの恒例敵モンスター100人組み手を乗り越えられるのだろうか(笑)。

機動戦士ガンダムAGE 第17話「友情と恋とモビルスーツ」感想

この表題はシャーウィーくんのセリフだったんですね。実に良いセリフです。しかし、人の青春をからかうのはイイのですが、自分のこともしっかりしないといけませんぞ。若いときは一瞬で過ぎ去ってしまうのですから、MSばかりでなく女の子の尻の一つもしっかり追いかけておかないと、後で後悔しますよ(笑)。ハイ、工学部出身のオッサンの戯れ言です(笑)。

ロマリーちゃんは一人でMSクラブに顔を出しに来る程度にはアセムくんと親しくなっているようで。そしてイケメン転校生のゼハートくんに危ないところを助けてもらって顔を赤らめるロマリーちゃん。これは三角関係発生のフラグなのか?

しかし、卒業後はアセムくんは士官学校に進学とか言ってましたが、そうなるとロマリーちゃんとの仲はどうなるんでしょうね。それまでにラブラブとなるのか?そうでなければ自然消滅してしまいそうな気もしますが。それともロマリーちゃんもまさかの士官学校進学?

ゼハートくんはガンダムがアセムくん家にあることを確認したくて、お父さんの書斎を見せてくれとアセムくんにお願いします。しかたなさそうに、クラブの皆を書斎に入れるアセムくん。将来、自分の子供が自分の書斎にこうやって入ってくるかもしれないんだな…。ヤバイ本とかDVDとかマジで処分しておかないと(笑)。

濃密に接触してしまったせいで、明らかにアセムくんに情が移っているゼハートくん(笑)。今後、この2人が地球とヴェイガンの架け橋になったりするのでしょうか。まあ、次の世代でも戦争は続いているのだから、そうはならないのでしょうね(泣)。ともかく、しばらくはこの学園ドラマを楽しみたいと思います(笑)。
[ 2012/02/12 01:10 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(1) | CM(0)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第49話 「宇宙最大の宝」感想

インサーンさん追悼…
ゴーカイジャーとの因縁も見せ場も特に無く、あっさりと退場したのは残念…。

そして、奪われた5つの大いなる力の戦隊の面々と精神世界でご対面。ついに全ての戦隊から認められたのだ!そりゃ、マーベラスも感動に体を震わすよなぁ。その後、ナビィがまさかの変形。これはどこからどう見ても宇宙最大のお宝への扉だな(笑)。単なる比喩表現としての「扉」かと思ったら、物理的にも確かに「扉」でした(笑)。

その宇宙最大のお宝ですが、第一印象が「ゼルダの伝説のトライフォースに似てるな…」でした(笑)。そしてその力も結構似ているのか?世界を望みのままに書き替えてしまうとは…。但し、その代償として、34のスーパー戦隊の大いなる力が消滅してしまうとのこと。

これは、使おうにも使えないよなぁ…。自分を認めてくれた存在をこの世から消してしまうなんて…。

そこに攻撃を仕掛けるザンギャックの大艦隊。レジェンド対戦のとき以上の規模だと…?ザンギャック皇帝恐るべし。

とてもまともに戦って勝ち目のある相手ではありませんが(もし勝ったらそれはそれで34のスーパー戦隊の立場がない…(笑))、地球を救うためにマーベラスは宇宙最大の力の使用を決断するのでしょうか。う~ん、まさに究極の決断だ…。どうするマーベラス。

今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんの表題の企画に参加させていただきます。

スイートプリキュア♪

ストーリー:4
序盤においては、響と奏の毎回繰り返されるケンカとか、セイレーンが何度失敗しても懲りずに変装作戦を敢行するとか、同じような展開を繰り返されたときは、このシリーズ大丈夫かな?とちょっと心配になりましたが、キュアミューズ(黒)が登場してからの展開には目を見張るものがあったと思います。キュアミューズの正体についてもいろいろと予想を巡らせたりしましたが良い意味で予想を裏切られました(笑)。キュアミューズの正体予想の最右翼だったセイレーンさんがまさかのキュアビートとして覚醒したり、キュアミューズの正体はまさかの小学生・アコちゃんだったり(笑)。そして、ハミィとセイレーンの友情や、アコちゃんの家族の絆が復活するエピソードは涙無しでは見られないほどお話にのめり込んでしまいました。また、なんといっても、悲しみの象徴であるラスボス・ノイズをただ倒すのではなく、その悲しみを受け入れて共に生きていくという選択をするプリキュア達という結末が素晴らしい。ラストバトルのプリキュア達とノイズの言葉のぶつけ合いではもう涙腺が崩壊してしまうほど感情を揺さぶられてました(汗)。そんなわけで、ストーリーは序盤のグダグダ具合で1点減点するとして4点とします。

キャラクター性:5
4人のプリキュア達、彼女達を支える妖精ハミィとフェアリートーン達、プリキュアの家族や友人達、数多くのキャラクターが登場しましたが、皆それぞれに個性溢れる素晴らしいキャラクターでした。満点の5点です。

画:5
丁寧に作られた変身バンク、必殺技バンクのレベルの高さ。もちろん、通常の作画も毎回安定して高レベルを保っていたんじゃないでしょうか。映画の作成と重なったと思われる時期はちょっと仕事の負荷が厳しいのかなと思わせる部分がありましたが…。それでも充分満点の5点でしょう!

演出:4
特段目を引くような新しい演出は無かったのかな…と思います。しかし、毎回安定して高いレベルを保っていたんじゃないかなと感じました。というわけで4点です。

音楽:5
我が家の家族ドライブでカーオーディオから流れる音楽は、娘のリクエストによりスイートプリキュアのOP・ED曲が中心となっております(汗)。もちろん、番組のエンディング時には、子供達のダンス大会が開催されます(笑)。ここまで子供達のハートを掴んで話さないプリキュアの楽曲は当然満点の5点でしょう(笑)。

総合的な評価:5
文句なしの満点5点を付けさせて頂きます。1年間通して見てきて良かった。心からそう思えるアニメでした。私個人としては、これだけの満足感を与えてくれた作品にはそうそう出会えないんじゃないかなと思います。まあ、それほど多くのアニメ作品を見ているわけではないのですが…(汗)。
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。