KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマイルプリキュア! 第8話「みゆきとキャンディがイレカワ~ル!?」感想

キュアキャンディ、本家のキュアハッピーより強いような…(汗)。
耳のリーチは伊達じゃない!!

星空さんとキャンディ、まさかの肉体交換。

ああ、拾いモノのリングを指にはめたりするからバチが当たったんですよ。落とし物はきちんと交番に届けないとねぇ。やはり幼女の皆様が見る番組ですから、その辺の因果応報はキチンと描かないといけません。教育的配慮というヤツですね。

なんでそんなものが道に落ちているって?やはりバッドエンド王国が絡んでいた模様です。でもトラップとかそういう訳ではなくて、アカオーニさんがマジョリーナさんの指輪をゴーカイに吹き飛ばしてしまっただけでした(笑)。巻き添えでお仕置きされるウルフルンさんが不憫でならない(笑)。

指輪の落とし物を交番に届け出るマジョリーナさんがおかしいです(笑)。モノを落としたらまず交番に。これも幼女への教育を兼ねているのでしょうか。なんてためになる番組なんでしょうか。これならお母さんへのアピールもばっちりですね。

中身はキャンディの星空さん。事情を知るプリキュアメンバーの数々のフォローがありながらも、数々の致命的失敗を繰り広げます。これにはさすがの星空さんもキレる(笑)。あたしの学園生活をどうしてくれる!落ちてる指輪をガメようとした仕打ちにしてはちと厳しいような気もしますがね(笑)。

しかし、マジョリーナさんのアカンベェは強力ですね。前回の鏡分身アカンベェも強かったですが、今回のアカンベェもあっさりとハッピー以外の4人をスプリングで捕縛します。こ、この技はスプリングマンのデビルトムボーイ!ウルフマンの悪夢再び!!朝からプリキュア4人のバラバラ死体とか幼女にはちとキツすぎないか?とか余計なことを考えてしまいましたが、そんな展開には当然なりません(苦笑)。幼女のみならずお父さん世代も楽しめるネタを盛り込む辺り、さすがスマイルのスタッフさんですね(笑)。

4人が倒れた後、マジョリーナさんの狙いは変身できない星空さんとキャンディへ。ここで互いをかばい合う星空さんとキャンディの姿が美しい。これは今までの新メンバー登場のパターンですね(笑)。そして登場キュアキャンディ。なんと早くも6人目のプリキュアが登場です。中身は星空さんですが(笑)。2年目ではキャンディが人型変身能力を習得して真の6人目になる展開を希望します(笑)。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダムAGE 第23話「疑惑のコロニー」感想

命令拒否で営倉入りのアセムくん。う~ん、ガンダムのパイロットをしてますなぁ(笑)。でも女の子を泣かせちゃいけませんね。ウルフさんにも男としてもなってないと説教を喰らってしまいます。悔しそうにドア(壁かな?)をドカンと叩くアセムくんを見てニヤリと笑うウルフさんがいい兄貴キャラすぎる(笑)。

遂に登場グルーデックさん、ようやく釈放!しかし随分長い間収容されていたんですね。最後に刑務官がグルーデックさんにかけた言葉が涙を誘います。上層部がいかに情報を隠蔽しようとも、現場の人間は真実を知っていたんですね。

早速、グルーデックさんに会いに行くフリット司令。酒場での再会はなんとも大人の雰囲気ですな。すっかり頼もしく成長したフリット司令に対してグルーデックさんはどのような会話をするのでしょうか。この辺り、次回で詳しく放送されるといいのだが(笑)。
[ 2012/03/24 23:23 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission4「特命と決意」感想

ヒロムくん、エンターの陽動作戦を真っ先に見抜く辺り、頭は良いんだよなぁ。なのになぜあんなに言動がストレートすぎるのか、司令官に対しても、ヨーコちゃんに対しても…。

一方、普段は温厚なのんびりキャラなリュウジくん、ゴーバスターズを囮にされて司令官にキレて殴りかかります。寸前でヒロムくんに止められましたが。これは、自分はともかく仲間を危険にさらされたことが許せなかった…と解釈したいところ。その前の戦闘でヒロムくんの一見無茶な戦いぶりに苦言を呈していたことから、仲間の身の安全を何よりも優先していることが伺えます。リュウジくんも「熱暴走」というウイークポイントを抱えるだけあって、案外キレやすい性質を持っているのかもしれませんね。普段温厚なのは、実はキレやすい自分を抑えるための自己暗示のおかげ…、という線もあったりして。実際、リアルでもそういう人多いですしね。

しかし、そんな司令官の行動をヒロムくんはその本気ぶりに安心したと評しますが、他の2名のメンバーはどう思っているのかなぁ。組織の信頼関係が揺るがないのか、ちょっと心配ではありますね…。

次回、リュウジくんが「熱暴走」を起こしてしまうとか。これで3人のウイークポイントが出そろいますが、予告を見る限り、ちょっとシャレにならない暴走っぷりです。まるでバーサーカーのように敵味方の区別が付かない状態に陥ってますね…。これをどうやって収拾つけるのか…。次回が楽しみです。

スマイルプリキュア! 第7話「どこなの?わたし達のひみつ基地!?」感想

青木さんの「道」の掛け軸、悪くないと思うのだが…。それは自分がオッサンだからそういうモノの良さが解るってだけかもしれませんが(苦笑)。そうすると、青木さんは一人だけ精神年齢がずば抜けて高いってことに?やはり青い人は(ry

秘密基地探し、それぞれのキャラが良く出ていたし、意外な一面も覗けてとても面白かったですね。個人的には緑川さんが皆にオカンと認識されているところがツボでした(笑)。

星空さんのお気に入りスポットを訪ねるも、そこは既に他の幼女達が遊んでいて…、というくだりも胸に迫るものがありました。全体的にギャグ調のお話だというのに、こんな胸にしみるエピソードをちょこちょこ挟んでくるからスマイルさんは侮れない。

1周回ってふしぎ図書館こそが自分たちの秘密基地なのだと気付く展開も好みです。大事なものはすぐ側にある。それに気付けるかどうかで人生そのものが大きく変わってしまいそうです。身近なモノの真の価値に気付けるというのはそれ自体が素晴らしい感性なのでしょうね。

次回、キャンディと星空さんが入れ替わるですと?伝説のキュアタルト再びですね、わかります。

機動戦士ガンダムAGE 第22話「ビッグリング絶対防衛線」感想

フリット司令、無双過ぎる(笑)。まだパイロットとしても現役でしたか(笑)。AGE-1で颯爽と登場するシーンでフリット編のBGMが使用されていましたが、何故か懐かしさで胸が熱くなりましたよ。作中では相当な年月が流れていますが、現実にはほんの数ヶ月前のことなのに!自分の感覚ながらなんとも不思議です(笑)。

両軍共に司令官がMSに乗り込んで最前線に飛び出すというなんともアグレッシブな展開になりましたが、MS戦闘でも、後を任された補佐官の戦術・操兵においても、連邦軍がヴェイガンを上回りまわる展開となりました。フレデリックさん超有能!ヴェイガンの母艦を一隻沈めてのドヤ顔が素晴らしい(笑)。

戦場で再び相まみえるフリット司令とデシル兄さん。激高するデシル兄さんとは対照的に冷静なフリット司令。しかし、心の中ではユリンちゃんを失った悲しみが消えることはなく、怒りに燃えている模様です。頭は冷静に、ハートは熱く、といったところでしょうか。案の定、デシル兄さんはボコボコに。最後はダルマ状態でゼハートくんに抱えられて退却します。デシル兄さん、25年前からまるで成長していないように見えるのは気のせいでしょうか(泣)。

イマイチ良いところが無かったアセムくん。最後にお父さんにちくりと小言をもらってブンむくれます。まだまだ親に反抗してナンボの年頃ですからね。これをバネに大きく成長してもらいたいところです(笑)。
[ 2012/03/18 00:06 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。