KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマイルプリキュア! 第23話「ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!!」感想

とにかくスゴイのひとことでした。これぞプリキュア。

今回の敵幹部との1on1で個人的に最も衝撃を受けたのは、なんといってもマジョリーナタイム・マジョリーナさんの若返りとNARUTOばりの多重影分身ですね(笑)。マジョリーナさんのチャクラの量はとんでもないってばよ(笑)。それに対抗するマーチさんの力押しが男前すぎるのも衝撃的でした(笑)。なんという脳筋、根性論(笑)。先週、ハッピーさんが戦闘1回につき必殺技1発の制限を解除したことをこれ幸いに、あそこまでマーチシュートを多弾化するとは!あれはもはや戦略兵器といえるのでは(笑)。

サニーさんとピースさんは、まあ順当勝ちといったところですが(酷い)、ピースさんの体に雷をまとっての高速攻撃はしびれましたね。雷だけに(ウルサイ)。エネルかはたまたキルアかといったところですが、雷(電気)系の能力使いは強キャラが多いので、ピースさんのこれからの成長も期待が持てますね。

ビューティさんとジョーカーさんのバトルは最も緊張感が漂ってましたね。前回、ジョーカーさんに無双されているだけに、どうやって戦うのか興味津々でしたが、ポップくんをビューティーさんにつけることで、ジョーカーさんと他幹部の格の差を上手く表現したなと感じましたね。氷の刃、ビューティーソード(仮名)を繰り出してからの、裏のかきあいは凄かったです。背後を取ったジョーカーの背後をさらに取っての、0距離からのビューティーブリザード!ポップくんも良い仕事をしました。ジョーカーさんに体をカード化する暇も与えませんでしたね。

ハッピーさんは黄色っ鼻のアカンベェと対戦。ここは青ッ鼻を配置しておけばハッピーさんは詰んでいたのでは…と思わないでもないですが、きっとデコルデコールをアカンベェ化するには黄色っ鼻のパワーが必要だったのですよ。よく知らないけど。

「輝け~!」

ハッピーさんの魂のシャウトから始まるプリキュアチームの大逆襲。福圓さんの気合い声にこちらのハートもしびれましたよ!各員OPのシーンを取り混ぜて攻勢に転ずるのですが、ハッピーさんだけはそれは無し(泣)。もうすでにOPシーンを消費していたからなぁ…。しかも、ちょっと微妙な場面で…それでも最後のハッピーシャワーは格好良かった。打ち終わった後の微妙なポーズも込みで(笑)。

そして復活するピエーロ様。星すら破壊するそのパワーにプリキュア達はレインボーヒーリングで対抗するも全く及びません。しかし、今度はここで心が折れないハッピーさん。前回、5人の必殺技をマホカンタされたときとは違います。あのときの苦い教訓をキチンと消化して自分の肥やしにできたんですねぇ。まさに鋼のメンタル。メルヘン王国の女王も喜んで新武装と新コスチュームを授けるってモンですよ。しかし格好いいなぁ、プリンセスフォーム。ピエーロ様も一瞬で消滅です。でも最後の消滅シーンがただの赤っ鼻のアカンベェっぽかったのが気になりますね。あれは本当にピエーロ様なのか?いや、ホントにピエーロ様だったら番組終わるしなぁ…。ゴセイジャーのように次回からは別の悪の組織が登場します。ジョーカーさんが何故か当たり前のように幹部として再登場します…ってパターンでもイイですが(笑)。

視聴後、近所のデパートに買い物に出かけたのですが、おもちゃ売り場では早速、新武装のおもちゃと新コスチュームのキャラリートキッズが発売されていたのには驚きました。相変わらずの手際の良さ(笑)。販売員のおじさんが専属でプリキュアの売り場に張り付いて、子供達におもちゃの遊び方を説明していました。あれはバンダイの社員さんなのかな?う~ん、思いっきりプッシュしてますね(笑)。

機動戦士ガンダムAGE 第39話「新世界の扉」感想

レギルスの前に、オービタルフルボッコ(泣)。オービタル、結局全然活躍しないまま退場となりました(号泣)。大丈夫、きっとおじいちゃんが上手く乗ってくれるよ…。

ダークハウンドはそれなりにレギルスと戦えていたようなので、AGE-3の性能がどうとか言う話ではなくて、純粋にパイロットの経験不足と思いたいところです。

しかし、AGE-3ノーマルに換装した後に、AGE-3が自分についてこれないとかキオくんが言っているのはどうしたことか?単に操作スピードについてこれないだけで、戦術面の巧拙とはまた別の話ってことなんでしょうかね。
[ 2012/07/14 23:25 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission20「5体結集!グレートゴーバスター!」感想

「自分でもあんなに弱いと思わなかったです。」

こんなセリフが言えるほどヒロムくんは成長しました(泣)。

それに引き替え…

「リュウジ オマエはもうエンジニアとしてオレを越えた これからは師匠と呼ばせてくれ」

リュウさんの夢、ちっさ!(爆笑)

次回、「さらばブルーバスター」

「さようならガッちゃん」的な落ちなんですよね?
お願い、そうだと言って下さい(泣き笑い)。

スマイルプリキュア! 第22話「いちばん大切なものって、なぁに?」 感想

ジョーカーさんに完敗を喫したスマイルさん達。初めて味わう敗北の味は実に苦いモノでした。次、負けたら、元の世界に帰れないかもしれない…。この恐るべき想定の前に、足が竦んでしまったとしても、誰もそれを責められないでしょう。なんとしても妹を取り返したいポップくんですら、恐怖に怯えるスマイルさん達を責めるようなことは言いませんでしたしね。

成功した場合に得られる利益。失敗した場合に失う損失。そして、成功する確率がいかほどかを冷静に見積もり、総合的に判断して行動するのは、大人であれば当たり前のことです。そして、失うモノが自分の命とするならば、いかに得られる利益が大きかろうが、たいていの場合は尻尾を巻いて退却するのが、まあ普通の大人なのかなと考えます。

彼女達は成り行きでプリキュアとなり、一時的に窮地に陥ったりはしたものの、最終的には勝利を収め続けてきました。そのため、これまで失敗した場合のことなど考えもしなかったのでしょう。所謂、怖いもの知らずの状態ですね。挫折を知って、なお、立ち上がれるか。心の強さを問われる場面ですが、誰かの判断に引きずられることなく、一人一人が己の心に向き合い、最終的に全員が約束の場所に集結するこの流れは非常に素晴らしく思えました。

バッドエンド王国では、いよいよピエーロ様が復活となる模様。状況は厳しくなるばかりですが、やると決心すればそのためのアイデアも不思議と湧き出てくるものです。彼女達がいかにしてキャンディ救出を成し遂げるのか、次週の展開を楽しみにしたいと思います。

機動戦士ガンダムAGE 第38話「逃亡者キオ」感想

脱出途中で薬を届けに行くキオくん、パネェっす。その間、お父さんが必死に敵MSを引きつけていたんでしょうか(笑)。

幼なじみ以外にもあちらこちらでガールフレンドを作ってしまうところはお爺さん似ですな。最もそのガールフレンドと悲劇的結末を迎えてしまうところまで似なくてもいいのですが(泣)。しかし、その悲劇が主人公に与える影響は、正反対のベクトルになりそうなところが面白いかも。

薬と引き替えに自分の生体情報を渡してしまったキオくんですが、その代償はいかほどのものとなるのでしょうか。それはひとえに来週放送のレギルスの強さ次第といったところでしょうか。
[ 2012/07/08 22:58 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(1) | CM(0)
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。