KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマイルプリキュア! 第28話「ウソ?ホント? おばけなんかこわくない!」感想

緑川さんの弱点その2が判明しました(笑)。それはなんと「オバケ」。実に女の子らしいですね(笑)。

人に対しては一本筋の通った姉御肌な彼女ですが、虫とかオバケとか、人間の道理が通じそうにない対象に対しては、どうにもいつもの調子が発揮できないようですね(笑)。

また、星空さんも「オバケ」は苦手とのこと。自分でも言ってましたが、妖怪は平気なのにねぇ(笑)。一般人からすれば妖怪もオバケも理解の範疇を超えた恐怖の対象ですが、妖怪と親交を持つおばあちゃんがいる星空さんにとってはそうでもないようです(笑)。

日野さんの発案でオバケ嫌いを克服するために学校で肝試しを行うことに。これはなんという荒療治か(笑)。まさしく体育会系の発想ですね(笑)。緑川さんの数少ない弱点を突いて遊んでませんか?日野さんってば(笑)。

マジョリーナさん、プリキュアを驚かすためにマジョリーナタイムを使ったり、大赤玉を2個使ったり、実にサービス精神が旺盛ですね(笑)。でもそれが完全に裏目に出て、プリキュア陣営のデコル収集ノルマの達成があっというまにあと2つとなってしまいました。一方、バッドエンド王国側のバッドエナジー収集ノルマの達成まではまだまだかかりそうですねぇ…。前作のスイートさんのときには音符の大量獲得イベントが何回かありましたが、同様のバッドエナジー大量収集イベントでも発生させないと、到底プリキュア側には追い付きそうにないですね…(汗)。

そして、バッドエンド王国の皆さんはなにかを探していたはずですが、なにを探していたんでしたっけ?もうすっかり忘れてしまいました(大笑)。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダムAGE 第44話「別れ行く道」感想

今回キオくんの出番少ないなぁ、主人公なのになぁ、と思っていたら、第40話からは三世代編という括りになっていたことを思い出しました。このパートはアスノ家の3人が主人公扱いになるのですね。今回は完全にお爺ちゃんのターンでした(笑)。窓に映る姿が少年時代のそれになる演出とかはゾクッとしましたよ(笑)。

ちゃっかり現役に返り咲いて現場の指揮権を握るフリット爺さんが凄すぎる(笑)。しかしアルグレアスさんもフリット爺さんの無茶な命令を跳ね除けたりはするのですねぇ。捕虜の処刑をアルグレアスさんに却下されてしぶしぶ引き下がるあたり、両者の間にちゃんとした信頼関係があることが感じられてちょっとほっとしました。いまや軍でフリット爺さんの暴走を止められるのはアルグレアスさんだけかもしれない(笑)。

そして、フリット爺さんとの間の深い溝を感じ取るキオくん。アセム父さんはキオくんの思いを酌んでやってくれと言いますが、はたしてフリット爺さんの胸に届くのかどうか。フリット爺さんはあまりに多くの大切な人を戦争で失っているからなぁ…。
[ 2012/08/25 19:55 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission26「小さな強敵!司令室SOS」感想

一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる~♪

このところ、良い感じの成長エピソードが続いたかのように見えたヒロムくんのメンタル面ですが、一進一退、なかなかすんなりとは成長してくれませんね(苦笑)。

データ消失でパニックになったのか、罪の無いはずのオペレータに当たり散らすヒロムくん。ピンチの時に地金が出てしまうのはよくある話で、リアルな演出に定評のあるゴーバターズですが、そんなところまでリアルな台本にしなくもとは思います(汗)。

オペレーターの中村さん、ストレスを内に溜めて溜めて一気に爆発させるタイプだったんですね(笑)。内側に溜めこむだけで外に出せずに病んでしまうタイプも現実には多いだけに、外に出せるだけでも安心しました(笑)。でも、出来れば溜めたストレスは小出しに外に出したほうが、爆発させずに済むだけ良いですよ。そうすれば、空気読めないヒロムくんに誤解されることも無くなりますしね(笑)。

そして、あんな小さなケシゴムロイドにノックアウトされる司令と森下さん。二人とも直前の見せ場が格好良かっただけに、そのギャップがウケました(笑)。二人とももっと体を鍛えないと(笑)。

スマイルプリキュア! 第27話「夏のふしぎ!? おばあちゃんのたからもの」感想

天然さんが素敵に歳を重ねるとこうなります、って感じの星空さんのおばあちゃんでした(笑)。

しかし、おばあちゃんが山の妖怪達とマブダチ関係だったとは…、やはりプリキュアのおばあちゃんは今作でも只者じゃありませんでした(笑)。天狗や河童がこちらから助けを乞わずとも、向こうから勝手に助けてくれるってんだから、こりゃ相当おばあちゃんに骨抜きにされてますね(笑)。ウルフルンさんが赤子扱いなのもなんとなくわかります(笑)。

ラストでも、スマイルさん達がが助けてもらったはずなのに、何故かお魚とか貰っちゃってるのが面白かったです。妖怪さん達、どんだけおばあちゃんが好きなんだ(笑)。スーパーアカンベェを撃退してくれたお礼ってことなんでしょうけど、正直、妖怪さん達が直接手を下したほうが速かったかもしれませんよ?(笑)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission25「アバターの謎を追え!」感想

考えながら戦うのが何故悪い?いろんな方面からダメ出しされすぎてリュウジくんがちょっと可哀そう(泣)。でも、否定していたのが陣さんとエスケイプさんのご両名だったのに気が付いて、そりゃまあそうなるわなぁ…と、あまり気にならなくなったのは内緒です(笑)。

しかし、作中のリュウジくんはさすがにそれでは気が収まらず、自ら熱暴走という荒業を披露。エスケイプさんにも好評で良かったね(笑)。でも、エンターさんにそれやると、確実に熱暴走終了後に殺られる予感がします(笑)。

リュウジくんとヒロムくんが亜空間の謎に迫ります。陣さんが若い姿なのは、その先が無いからとのちょっと怖い仮説を打ち出しました。つまり、亜空間に長くいると人外チックな姿になってしまうということですかね?そりゃ、陣さんもごまかすしかないよなぁ…。この推理が当たるのか外れるのかも含めて、いよいよこの先の展開が楽しみになってきました。
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。