KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついにこの日が…

娘にプリキュア卒業宣言をされてしまいました(泣)。

娘が言うには周りの友達もどんどんプリキュアを見なくなっており、未だ見ている子は自分くらいで周囲と話が合わない、それどころか、まだプリキュアを見ているのかとバカにされてしまう…といった感じで、周りの人間関係からプリキュア卒業を決意したといった感じです。スマイルさんが前シリーズよりも低年齢向けの作劇になっているのも、原因の一つに入れていいかもしれませんね。

小学校低学年くらいからプリキュアを卒業する子が多くなるとは聞いていましたが、これまたずいぶん唐突にこの日がやってきたものなのだなぁというのが正直なところです。ついこの前まで楽しそうに見ていたと思ったのですが、一度決めたら決心は固いようで、先週の日曜日もテレビはつけていたものの、ほとんど目を向けていなかった感じです。逆に「なんであたしが見ていないのにお父さんが見てるの?」と突っ込みをうけてしまった位です(笑)。「途中まで見ていたからストーリーの続きが気になるんだよ。」と返答しておきましたが、あまり納得していなかったようで、「大人なのに変なの~」とそれを言っちゃあお終いよな台詞を口にしていましたね(汗)。

思い返せば、娘がプリキュアを見たいと言ってきたのは5GOGO放映時の5月頃だったことを覚えています。幼稚園の友達がみんな見ているからというのが理由でしたね。こうしてみると、見始めるのも止めるのも友人関係がきっかけになっているなと感じますが、それで大丈夫なのか我が娘よ(笑)。それでも4年とちょっとの間はずいぶんと熱心なファンをやっていたものでした。映画もほぼ一緒に見に行きましたしね(笑)。

プリキュア卒業は娘が順調に成長している証でもありますので、特に文句が有るわけでもないのですが、それでもやはり一抹の寂しさを感じるところは有るわけで。もう、一緒にプリキュアを視聴することは無くなってしまったのだという事実は、それなりに精神にダメージを与えてきますね(泣)。

このような精神状態でありますので、なかなか感想を書き上げるモチベーションが湧いてこなくなってしまいました。ちょうどいい区切りだとも思いますので、ここらでこのブログの更新を停止することに致しました。

これまで本ブログを閲覧して下さった方々には大変感謝しております。あまり上手くもない文章を書き連ねていましたが、それでも拍手等の反応があることは大変な励みになっておりました。今まで本当にありがとうございました

また何かの作品にハマったら更新開始するかもしれませんので、その際にはよろしくお願い致します(笑)。
スポンサーサイト
[ 2012/10/13 22:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission32「ギャバンとの友情タッグ!」感想

若くてヤンチャな新ギャバンさん、この人もまたぱっと見でわかりやすい肉体的な強さしか認められないタイプかな(笑)。ヒロムくんもかつてオペレーターさん達を軽んじているような描写があっただけに、やっぱりこの二人は似たもの同士ですね(笑)。

そして、そんなギャバンの本音を聞いてしまう森下さん。めっちゃ落ち込むも中村さんの叱咤激励を受けて立ち直るところが素晴らしい。萎えた男を立ち直らせるとは、中村さんも強くなったなぁ(笑)。

早速、マクー空間との通信を行うための研究に取り組む森下さん。なんか、ずいぶん独断で突っ走ってませんか?(笑)。司令にも話を通していないのはさすがにまずいんじゃないのかな(笑)。うん、森下くんも相当若いってことかな(笑)。

エンターさんの入れ知恵で研究員達をマクー空間に飛ばしてしまうライノダブラーさん。研究員さん達は絶望するも、森下さんの励ましであっさりとやる気を取り戻すあたり、一流の研究員はポジティブじゃなきゃ勤まらないってことなんですかね?(笑)

ラストで武器の転送を可能にして、ようやくその価値を新ギャバンさんに認めてもらった森下さん。新ギャバンさんのようなタイプって、認める前はつれないんだけど、一度認めてもらえれば打って変わって親身に接してくれることが多くないですか?いわゆる身内に優しいタイプ(笑)。

2週にわたって繰り広げられたギャバン編。てっきり1週だけかと思っていたから、2週もやってびっくりしましたよ(笑)。この新旧ギャバンにシャリバンやシャイダー達も絡んでくるようで、映画の公開が楽しみになってきましたよ(笑)。

スマイルプリキュア! 第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」感想

いや~、アカオーニさんの登場回ってユルくていいなぁ(笑)。

この人ってスマイルさん達の日常にスルッと入ってくるんですよね。気づくとそこにいるのが当たり前のように振る舞っているという(笑)。前回の旅行でもちゃっかり記念写真に割り込んでるし、海では波乗りしてるし(笑)。今回の映画撮影でもいつの間にかクライマックスの対決シーンに参加しているじゃないですか。しかも全く違和感を感じさせないんですよね。まあ、映画の題名が「妖怪オールスターズDX」ですから当然と言えば当然か(笑)。それにしても相変わらずのコミュ力の高さで羨ましい限りです(笑)。

マリンスポーツをこなし、若い娘さん達の輪にすぐにとけこめ(まあ、その後ボコられてますが…)、スーパースターに会いたいと思ったら気後れすることなくすぐに会いに行く行動力を備え…、って、アカオーニさん、こう書くとめちゃスペック高いなぁ(笑)。社畜リーマンとしては、ついつい「ああ、こんな風に生きられたらさぞかし人生楽しかろうなぁ」と思ってしまいます(笑)。

前回のようなシビアなお話も面白いのですが、やっぱり今回のようなユルいお話がスマイルさんには似合っているなぁと感じます。厳しい現実に生きていると、ユルくて優しいお話に癒されたい…、という感情がどうしても湧いてくるんですよね。そういう意味では、いわゆる「日常系アニメ」にもずいぶんお世話になったなぁ…。

まあ、きっとロイヤルクロックの針が12時を回ったら、メルヘンの時間は終わりとばかりに、厳しい最終決戦の幕が上がるのでしょうけどね(泣)。哀しいけど、いつまでも優しい世界に安住してはいられないってことなのでしょう。
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。