KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話 「友の魂だけでも」 感想

レジェンド回、このところ安定して面白いです。

名前も被れば境遇も被る、ライブマンの登場回はこれしかないといった感じのお話でした。ジョーはシド先輩の死亡宣告を受けたような形になってしまいましたね。もうシド先輩が戻らないことはうすうす感づいていたものの、今回、もう元には戻らないことを明示されてしまいました。

ザイエンにトドメを刺すシーンでは、悲しみと怒りに震えるジョーの凄みを感じましたね。

しかしザンギャック、大科学者をさしたる護衛も付けずに、単独で戦場に送り込むってのはどうなのよ…。ザンギャックでは科学者といえども武力に優れていなければ務まらないので、護衛を付けるという発想がそもそも無いのかな…。たしかにインサーンも相当強いしな…。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」
海賊戦隊ゴーカイジャーの第30話を見ました。 第30話 友の魂だけでも スケボーが得意なライオンが近づいているとナビィがナビゲートするが、マーベラス達は何のことを言って
[2011/09/25 05:22] MAGI☆の日記
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。