KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話 「最強の決戦機」感想

殿下に死亡フラグ…だと…?

いや~、殿下は部下が自分のことをバカにしていることに気付いていたんですね…。気付いていて、あえてあのようなお馬鹿な振る舞いをしていたとは、殿下の気持ちを考えるとやるせなくなります。部下の本心に気付いていないふりをして、自分の心を守っていたんでしょうね…。

それも、父である皇帝がグレートワルズを送ってきたことで、遂に感情の高ぶりを抑えられなくなり、ダマラスに今まで抑えていた感情をぶちまけてしまいます。殿下のこういうところ、妙に人間くさくて憎めないんですよねぇ。

殿下はこの贈り物から皇帝のどのような意図を読み取ったのでしょうか。父の愛情?それとも「これでもないと地球征服も出来ないのだろう?」という嘲りでしょうか。ともかく、グレートワルズに自ら乗り込み、出陣することを決意します。

そしてグレートワルズはその圧倒的な性能で豪獣ゴーカイオーを打ち倒してしまいます。マーベラスは仲間を強制退艦させ、倒れゆく豪獣ゴーカイオーに一人だけ残ります。まるで、アカレッドが自分にそうしたように…。これがマーベラスのいう仲間を守るということなのでしょうか…。残された仲間達はみな非常に悔しそうです。みんなマーベラスと最後まで一緒に戦いたかったのでしょうね…。

しかし、倒された後はより強くなって復活するのが正義の味方のお約束。早速、次回にはゴーカイオーの新合体形態が登場する模様。そして、新型メカは初登場時はめちゃくちゃ強いのもお約束。あわれ、グレートワルズは新型の引き立て役となって消えていく運命なのでしょうか。そして、殿下の運命やいかに。

個人的には、殿下がダイ大のハドラーのように大きく化ける展開を希望しているのですが、無理ですかねぇ…。そんなことしていたら、皇帝の出番がなくなっちゃいそうですしねぇ…。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話「最強の決戦機」
海賊戦隊ゴーカイジャーの第37話を見ました。 第37話 最強の決戦機 「そういや素朴な疑問なんだけどよ、ゴーカイジャーにも大いなる力ってあるんだろ?どんなんだ?」 「私達...
[2011/11/14 06:24] MAGI☆の日記
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。