KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第38話「夢を掴む力」 感想

殿下とバリゾーグ、まさかのW追悼…orz

二人の掛け合いが見られなくなるのは正直寂しいですね。ギガントホースもずいぶん静かになることでしょう…。

ジョーにとっても、シド先輩にとっても、ワルズ・ギルは憎むべき敵であり、そして、生身のシド先輩を記憶を持たないサイボーグに改造するというワルズ・ギルの行動は、どう考えても鬼畜の所行であり、到底許されることではありません。

しかし、バリゾーグとしてみれば、自分の死に対して、我を忘れんばかりに怒り、悲しみ、仇を討とうと単騎で飛び出す主人に仕えることができたことだけは幸せだったのかもしれません…。

殿下も自分に忠義を尽くしてくれる者に対しては、その忠義に応えようとするだけの器は持っていたんですね。惜しむらくは、バリゾーグ程には解りやすくは表現されていなかったダマラスの忠義には全く気付いていなかったことでしょうか(泣)。確かに、若干殿下をバカにするような態度もあったかもしれませんが、基本的には殿下のことを心配しての言動であったと私は解釈していました。でも、これは第三者の客観的視点だから言えることで、実際の当人からすれば、意外とそこまで冷静にはなれないのかもしれませんね。

今回は非常に盛りだくさんの内容で、他にもジョーとバリゾーグの因縁の対決に決着が付き、マーベラスが仲間を守ることの本当の意味に気付き、ゴーカイジャーの大いなる力を手に入れることが出来ました。

ジョーとバリゾーグの対決も非常に見応えがあり、変身解除しながら斬りかかるジョーの迫力ある姿は正直鳥肌モノでした…。そして、その後のシド先輩のセリフに思わず涙腺崩壊しかけましたよ。

マーベラスと仲間達が再会するシーンも素晴らしい。何か吹っ切れたようなマーベラスと、そのマーベラスのセリフを聞いたときの仲間達の本当に嬉しそうな笑顔は実に印象的でした。

そして、ゴーカイジャーの大いなる力を使って、遂に登場、カンゼンゴーカイオー!豪獣神とマッハルコンとの3体合体ですから、大いなる力を5つも使用する形態な訳でして、これが弱いわけは無い(笑)。あれだけの強さを誇ったグレートワルズを逆に撃破します。機体の残骸から殿下の遺品(遺体?)を回収するダマラス。彼も殿下の死を悼んでいるのは間違いありません。その目にはゴーカイガレオンが写ります。殿下の復讐を誓うかのようなダマラスですが、今後ザンギャックはどのような行動に出るのでしょうか。今後の展開に注目です。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

海賊戦隊ゴーカイジャー 第38話「夢を掴む力」
海賊戦隊ゴーカイジャーの第38話を見ました。 第38話 夢を掴む力 ザンギャック司令官のワルズ・ギルが乗り込んだ最強の決戦機・グレートワルズの桁外れな力にマーベラス達は
[2011/11/15 05:45] MAGI☆の日記
KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。