KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第6話「ファーデーンの光と影」感想

今話はそれぞれの戦力強化週間といったところでしょうか。
いや、フリットくんはトラブルに巻き込まれただけか(笑)。

ラーガンさんは地味に装甲の強化を行い、ウルフさんは知り合いのモビルスーツ鍛冶を訪ねてガンダム以上のモビルスーツを発注します。でもそんな簡単に凄いモビルスーツを作れるもんですかねぇ、ウルフさん(笑)。

そしてグルーデック艦長はなんと機密を売って艦隊を買いに行ってます(驚)。この人、UEのせいでいくら家族を失っているからといって、手段を選ばなさすぎじゃないですかね…。

そして、トラブルに巻き込まれたフリットくん、軍に志願するとエミリーちゃんに伝えたところ、泣かれて街に出て行かれてしまいます。そのまま放っておくわけにもいかず、後を追いかけますが、何故か、街中でMS戦に巻き込まれてしまいます。ちゃんとビルには防弾シャッターが取り付けられており、戦闘が始まるとさっさとどこかに消えているあたり、民間人の皆さんもずいぶん対処にはなれている模様。そんな特殊な街だったとは知らない二人は当然に逃げ遅れて、安全地帯を求めて彷徨いますが、人の良さそうなイワークさんに地下のスラム街にかくまってもらい、なんとか危機を逃れます。イワークさんの話だと、過去の戦争時の派閥争いが尾を引いて、いまだに抗争を続けているとか…。どうみても洗練されていないMSと、火力の足りなさそうな武装を見ると、あまり本気で戦争する気はなさそうですが…。なんというかサバゲーで遊んでいるお気楽な上流階級くらいにしか見えませんな…。

事実、あっさりUEのMSには潜入されているし、ガンダムが撃退するまでの間に、自衛のMSは一切戦闘に参加してこないし、戦闘終了後にようやくやってきて、ガンダムを誤認で拘束しようとするしで、全く頼りになりそうにありませんね。まあ、ガンダムを鹵獲したくてわざとやってるのなら理解できますが(笑)。

さて、そんな相手にフリットくんはどうやって対処するのでしょうか。正論は一切通じそうに無いぞ(笑)。頑張れフリットくん。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/20 01:00 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。