KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第10話「激戦の日」感想

ドン・ボヤージ、追悼(泣)

手下2名と共に敵艦に向けて特攻を仕掛け、損害を与えることかなわずも、崩れかけた味方の士気を大いに鼓舞しました。その死は決して無駄ではありませんでした(泣)。

しかし、初登場時はギャグでやっているとしか思えない手下との会話の数々でしたが、特攻シーンではなかなか泣かせる会話を交わしていました。てっきり、あの手下のセリフはワンフレーズしか用意されていないと思ってましたよ(笑)。

そしてスパロー登場。戦場での換装はガンダムシリーズのお約束!生意気デシルくんを蹴散らすほどの強さを発揮します。やっぱり初登場時は実に強いな(笑)。これはアニメ・特撮界のお約束ですか(笑)。

もう、スパローにドッズライフル持たせれば良いんじゃないかな。それじゃノーマルの持ち味がなくなってしまうとかそんな大人の事情は抜きにして(笑)。そして、ラーガンさんの武装はどうしていつまでたってもスプレーガンなんでしょう…。誰かラーガンさんにもビームライフルを作ってあげてください…(号泣)。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 23:52 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。