KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話 「決戦の日」感想

宇宙最大のお宝を巡るゴーカイジャーの面々の思いに熱いものが…。

レジェンドの存在を消すことになってしまうなら、ゴーカイジャー達は宇宙最大のお宝の力は使うことは出来ません。そんななかで、ガイはザンギャック艦隊との激戦の後に、マンモスレンジャーのゴウシに出会います。そして、レジェンド達の思いを伝えられます。宇宙最大のお宝の力を使ってザンギャックを倒して欲しい。自分たちはどうなってもいい。レジェンド大戦の時に捨てる覚悟の命だからと…。ガイは自分の気持ちを押し殺してレジェンド達の思いを優先します。宇宙最大のお宝の力を使うことをマーベラス達に提案するガイの表情がとても辛そうです。スーパー戦隊を最も愛する男ゆえに、先輩たちの思いを拒否できないこの矛盾(泣)。

他の海賊たちはビックリ。まさかガイの口からそんな言葉が出るとは…。皆それぞれにガイを諭します。地球にはスーパー戦隊が必要だと。皆、ガレオンに集まる前に、スーパー戦隊が地球の人々に与えてきた影響の数々をその目にしていたのです。最も、スーパー戦隊を最も愛する男のガイがそのことを知らない訳はありません。本音では使いたくないことを皆は見抜いているのでしょう。そして、マーベラスが最後に言います。「後はお前がどうするかだ」と。

ガイの行動を決めるのはガイ自身の思いであるべき。それがマーベラスの発したメッセージ。ガイにとって先輩たちの思いを無視することは、先輩たちの存在を消すことと同じくらい辛いのでしょう。どちらを選択しても辛いのならば…。ガイは最初の思いに立ち返り、先輩たちに詫びながらも宇宙最大のお宝を破壊します。それを見てマーベラスが「これでお前も一人前の海賊だ」と遂にガイを一人前と認めます。そういえばマーベラスがガイをゴーカイジャーに入れた決め手は、ザンギャックを倒して宇宙を平和にすると言い切るその根性でしたね。いろんな意味で原点に立ち返り、困難の中にあってもそれを貫くことを決心したガイは確かに立派な一人前の男です。

そして翌日、侵攻を再開したダイランドーの前に立ちはだかるゴーカイジャー。マーベラスが遂に自らをスーパー戦隊と名乗ります。降りかかる火の粉を払うだけだった海賊達が、遂に本物のヒーローになった瞬間です。ああ、何とも言えない感動が…。戦いの前のダイランドーとのやりとりのセリフは第1話のセリフとそっくりな訳ですが、そのときとは意味合いがまるで違っているように感じます。戦闘が始まるとゴーミン達をあっというまに片付けて、残るはダイランドーとなったところで以下次週。まだ後ろに大艦隊も皇帝も控えているのに1週で何とかなるのか不安ではありますが、次回を楽しみに待つことにします(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。