KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第45話「破壊者シド」感想

三世代編、今週はアセム父さんの主役回でしたね。なんかゼハートさんのほうが目立っていた気もしますが(笑)。せっかくの主役回なのにいいところをゼハートさんにもっていかれるアセム父さんがちょっと可哀そう(笑)。

どんなシーンが印象に残っているか、振り返ってみても…
[アセム]
・シドにワイヤーで引きずられる。
・白いAGE-2でシドに瞬殺される。
[ゼハート]
・レギルス開眼。
・シドにとどめを刺す。
うん、ずいぶん格好良さに差があるなぁ(笑)。

アセム編終盤ではアセムとゼハートの実力にさほど差がなかったのに、対シド戦でこれだけ結果に差がつくというのは、単純にレギルスの性能が凄いということなんでしょうね。単独でもシドとそこそこ戦えるレギルスと、改修されたとはいえ基本的にはAGE-2とそれほどは変わらないと思われるダークハウンド、両者のEXA-DBの前での対決は、ダークハウンドが開眼レギルスに一瞬でダルマにされてもおかしくないなぁとハラハラしながら見てましたよ。なお、そのとき頭の中にはフリーダムvsセイバーの戦闘シーンが再生されていました(笑)。

それにしてもアセムさん。前回瞬殺だったのにシドの戦闘パターンを覚えているとはこれいかに。瞬殺されたように見えたのは回想の時間的都合で、本当はシドの戦闘パターンをすべて引き出すほどの激戦を繰り広げていたってことなのでしょうか?なるほどさすがスーパーパイロット(笑)。でも、先読み能力で戦うXラウンダーと、過去の経験と超絶操縦テクニックで戦うスーパーパイロットの良い対比になっていたとは思います(笑)。

そして明らかに破壊されていないシドとEXA-DB(笑)。う~ん、本当に最終回までに上手くまとまるのかなぁ、コレ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/01 21:39 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。