KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第46話「宇宙要塞ラ・グラミス」感想

遂に始まる最終決戦。

最後の決戦を前にしてエイナス艦長の緊張をほぐすアビス隊長がカッコいいです。明らかにいい雰囲気を醸し出しているのですが、もう少し時間があれば、SEEDのフラガ兄貴とマリュー艦長みたいな仲にまで発展していたかもしれないですね(笑)。その後はキオの説得に向かったりと隊長さんは実に忙しいですな(笑)。

技術陣がようやく完成させたバーストモードを自慢げに説明しているのに、あからさまに関心なさそうにしているキオくんがひどすぎる(笑)。そりゃあ、ウットビットくんも切れますよ(笑)。

ヴェイガンの大量殺戮兵器の極太ビームにより大被害を受ける連邦軍。怒り狂うフリット爺さん。このような現実を前にキオくんはどこまで不殺の信念を貫けるのか。個人的にはキラさんのように出来るだけ殺さないけど味方や自分が危なくなったら殺っちゃうよ!的なそこそこ適当な感じでいいと思うんだけどなぁ。そこまで割り切れないのが良くも悪くも13才ってことなのかなぁ。

なんか、いろんなキャラが最終決戦に向けて登場してきました。ルウのお兄さんとかずいぶんいい機体に乗ってますね(笑)。そして、ファントム1の乗り込むあの機体…、未完成にもほどがあるのでは?足だけでなく顔とかも飾りってことなんですかね(笑)。あの機体を見た連邦軍の驚く顔が楽しみです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/08 22:39 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。