KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第47話「青い星、散りゆく命」感想

さて、キオくんが殺意の波動に目覚めてしまったわけですが。

なんか、爺ちゃんとか隊長とか太めの友人とか敵方のきれいなお姉さんズとか、いろんな人に否定されてきたキオくんの戦い方ですが、ようやく話を聞いてくれる人が見つかったよ!と喜んでいたところにコレだからなぁ…。「ザナルドぶっ殺す」な状態になっても全く不思議ではないですね。お前今までと言ってること違うじゃねえかと、キオくんを責めるのはちょっと酷だと思います。だいたい人間は相反する感情を内にかかえた矛盾する生き物ですからねぇ。

しかし、キオくんもこの感情を知ってからが本当のスタートなんですよ、きっと。この感情を知ってなお、不殺の精神を貫くことが出来れば、もしかしたら爺ちゃん達の心を動かすことが出来るのかもしれません。…まあ、厳しいとは思いますが(汗)。

そして、まさかアビス隊長がこんな形で逝ってしまうとは…。エイナス艦長が彼の命を奪うトリガーを引かねばならぬとは、なんという悲劇でしょうか(泣)。自らの身を犠牲にして艦を守るあたり、なんというか、やっぱりフラガの兄貴と印象が被りますね。ただ、SEEDの彼らのように、まだ恋仲にまでは発展していなかったのがエイナス艦長にとってせめてもの救いでしょうかね…。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/10 22:31 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。