KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE 第48話「絶望の煌き」感想

ゼハートはイゼルカント様の理想を背負いきれなかったのかなぁ…、との印象を受けました。まさに荷が重すぎたのでしょうね…。いままで守るべきものとして戦ってきたヴェイガンの民を、自分を信じて戦ってきた部下を、この戦いの後に選別しなければならないのだから、そのストレスたるや尋常なものではないことは容易に想像できます。そのストレスがゼハートの行動を変容させていたことはフラムの台詞からも読み取れますし、本来の自分の理想から離れたことをしなければならない苦悩が過去に自分の為に散っていった者達の幻となってゼハートを苦しめたのでしょう。幻になっても徹底的にイヤなキャラのデシル兄さんサイコーです(汗)。

そんなマトモじゃない精神状態では、やっぱりマトモな作戦指示は出来ないようで…。フラムさんもろともガンダム3機を葬ろうなどとは正気の沙汰ではありません。だいたい、フラムさん1機でどうやってガンダム3機を足止めすんだよと…。まあ、見るに見かねたレイルが加勢に来てくれたけどさ…。でも結局は作戦を見透かされたあげくに、2機ともガンダムどころかオブライトさんに落とされる結果に…。まあ、このときのオブライトさんはまさに鬼神の如きの働きでしたけどね。オブライトさんはディーバと運命を共にする覚悟をしていたのでしょうか。彼にとってディーバはレミさんとのかけがえのない思い出の場所ですしね…。

腹心の士官二人を失ってこの戦果…では「詰み」ですね。ゼハートは感情を押さえきれずに出撃してアセムに破れたのかと初めは思いましたが、敗北を認識した一軍の将として責任を取るために出撃した…とも考えられるかなと今は思っています。レギルスのビットとか強い武装を使わなかった理由は、激昂していたからか、それともアセムに討たれるためか…、まあここは見る人によって解釈は異なるところでしょうね。

結局、ゼハートはイゼルカントより先に逝ってしまったのですね。自分の後を託した人物に先に逝かれたイゼルカント様の心境やいかに。これは自分の計画の頓挫を意味しますからね…。いまからほかに後継者を探すにも時間が無いでしょうし。無理を承知で自分のクローンに全てを託すのでしょうかね?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/22 22:07 ] 機動戦士ガンダムAGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。