KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第5話「ジャッジメント・パイレーツ」感想

今回は特捜戦隊デカレンジャーの面々が登場しました。デカレンジャーは視聴していなかったので、今回登場したメンバーは当時どのような役回りだったのか、テレビ朝日のWEBページで確認してみたところ、ジャスミンは今回登場時とほぼ同じようなイメージでしたが、バンはずいぶん髪型が変わってましたね。今回は下におろした長髪さらさらヘアーでの登場でしたが、WEBページでは上に固めたツンツンヘアーでした。ちょっと驚きましたが、デカレンジャーの視聴者はバンの長髪を見た瞬間にこの驚きを味わったのですね(笑)。

手錠を嵌められて動きの悪いマーベラスをドギーかばい、そのために手負いとなったドギーを今後はマーベラスが助ける。職務に忠実なドギーと、義理人情に厚いマーベラス。二人の間に信頼関係が結ばれて、マーベラスの手錠がドギーによって外されます。
「海賊を信じるんじゃない…。お前の誇りを信じるんだ」
そして敵の前に姿を現すゴーカイレッド。ミサイル発射まで残された時間はあと一分。しかしながら、さすがの強さ、ゴーカイレッド。きっちり一分で敵を一蹴しつつミサイル発射装置を破壊します。

そして巨大化した行動隊長ブラムドと対峙するゴーカイオー。ドギーに促されて、デカレンジャーの大いなる力が覚醒し、デカゴーカイオーに。そして、ブラムドをあっさりと撃破。この調子で残り32の戦隊の大いなる力を手に入れていくのでしょうか。そうなると登場時にしか使ってもらえない「大いなる力」も出てきてしまうかもしれないですね(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。