KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週間少年ジャンプ20・21号感想

[ONE PIECE]
オトヒメ王妃、フィッシャー・タイガー、アーロンと人間に対するスタンスが三者三様なのが面白いです。アーロンのやり方がどのような結末を迎えるかは既に本編で示されていますが、3者の中では中道となるフィッシャー・タイガーはどうなるのでしょうか。天竜人に手を挙げた時点で海軍からは目の敵にされそうですが、それでも最後の一線を越えるなと部下を諭すフィッシャー・タイガー。ジンベエはともかくアーロンが我慢できるとは思えません。ここがタイヨウの海賊団のアキレス腱になりそうな…。

[バクマン。]
肉弾戦、平丸さんは中井さんに歯が立たず(笑)。まああの体格差ではねぇ…。中井さんの境遇に将来の自分の将来の可能性の一端を感じた平丸さんは、中井さんと和解して自分のアシスタントとして迎え入れます。このあたり、やはり大物と言わざるを得ません。思考回路は独特ですけどね(笑)。平丸さんとの触れ合いの中で、中井さんがもう一度かつての情熱を取り戻すことを願います。

[NARUTO]
ナルトとビーが協力して結界を破壊。もうビーは完全に当初の目的を無視してますね。いや、はじめから話をちゃんと聞いてなかったのか(笑)。戦場はチョウジの活躍もあって、忍側がほぼ制圧した模様。ここで、遂にマダラが出陣。なにやら巨大なを口寄せを行いますが…。

[magico]
ゾディアの思想は危険ではありますが、悪とはいえないところがなんとも…。エキドナの力を私利のためではなく公益のために使うというゾディア。確かに「夢の世界」が一人の命と引き替えに手に入るのであれば安いものなのでしょう。しかし、その「一人」を大切に思う者にとっては簡単に首を縦に振れるわけがありません。儀式中で動けぬシオンとエマを、アニスとルーはゾディアから守ることが出来るのでしょうか。

[黒子のバスケ]
ついに誠凛と桐皇の再戦が始まります。でも、まともに試合したら、どうやっても誠凛が勝てそうな気がしないんですが…。黄瀬との試合でもまだ完全に底を見せていない青峰を、どうやって誠凛側が押さえるかが気になります。でも、青峰はまだ底を見せてないはずの黄瀬との試合で故障してるんですよね。黒子と火神の頑張りで青峰を本気にさせて、青峰の故障を誘発させるくらいしか、誠凛を勝たせる方法は自分には思いつきません…。なんとも少年誌らしくない方法ですが(笑)。

[めだかボックス]
希望ヶ丘候補生、見た目通りホントにアンドロイドですか…。

[DOIS SOL]
ナオ先輩、いきなりグラウンドに登場して問題発言連発。本心とは異なる言葉を連発しているようですが、その真意やいかに。それと、羽石には上級生の部員が登場しませんが、全員休部中って設定でしたっけ?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/30 01:31 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。