KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第21話 「冒険者の心」感想

元ボウケンレッドの明石暁が登場です。どうやら映画で既に大いなる力をゴウカイジャーに渡しているみたいですね。変身能力を失っているにもかかわらず、ゴーカイガレオンに乗り込んでくるわ、「プレシャス」の回収を未だに続けているわで、さすがはスーパー戦隊の元レッドというところでしょうか。ガイのサイン要求にも気軽に応じている辺りに、器の大きさも感じられます(笑)。

明石は死者を蘇らせる力をもつプレシャス「黄泉の心臓」の回収をゴーカイジャーに依頼します。素直に依頼を受けないマーベラスを軽く挑発することでYESを引き出す明石の交渉術が凄い(笑)。しかし、捜索対象の「黄泉の心臓」を入手しようとしているのはボウケンジャー達だけではなく、なんとザンギャックやかつてボウケンジャーが戦った敵であるリュウオーンまでもが争奪戦に参加してきます。死者を蘇らせる力を持つ強力な秘宝ですから、悪用しようとする輩も大勢いるわけですね。っていうか、映画だけでなく本編でも、これまでの戦隊の敵組織の幹部って普通に登場してくるんですかね?こんな敵相手に元ボウケンジャーの皆さんは生身でやり合っているのか…。

明石と冒険を続けるうちに、前回のバスコとの接触以降、いらだっていたマーベラスの態度がいつしかいつもの調子に戻っていきます。どうやら、明石の本当の目的はマーベラスの精神状態を回復させることだったようですね。ラストシーンで明石はアカレッドの名をつぶやきますが、一体、明石はどこまでアカレッドとマーベラスの関係を知っているんでしょうか。最近、アカレッドと接触があったことをにおわせる演出が気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。