KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話 「海賊とニンジャ」 感想

まさかのハリケンジャー3人全員登場です。豪華だな~(笑)。
レジェンド戦隊の基本メンバーが全員登場するのはテレビ本編では始めてですね。映画を含めればゴセイジャー以来ですが。

で、ハリケンジャーの皆さんはやっぱりマーベラスとはウマが合わない(笑)。デカのときといいい、ガオのときといい、第一印象で損をすることの多い船長です。今回は特にラストで信用できないとまで言われてしまいましたが、その原因はなんなのでしょうかね?マーベラス、ジョー、ルカの3人が、人間が栗にされたことではなく、アイスを横取りされたことに怒ったからかな?

七海さん「まさかのサタラクラとサンダールのJr.!」
ハリケンジャーは残念ながら未見なのですが、どうやらかなりの強敵だった様子。姿も昔とほぼ同一とのことで、当時に視聴していた方々には嬉しいサプライズですね。

どうやらザンギャックは以前に登場したパチャカマック13世といい、名のある敵幹部クラスの一族を結構引き込んでいるみたいです。

さてさて、ジャカンジャとザンギャックの関係はどんな関係だったのでしょうかね。いくつかのタイプを想像してみました。
1.友好タイプ
両者は友好的な関係にあり、ジャカンジャ側が取引先幹部という立場を利用して、宇宙最大大手のザンギャックに息子をコネで入社させてもらった。
「いや~、大事なお得意様のご子息ですから大事に預からせて頂きますよ~(もみ手)」
2.服従タイプ
さしものジャカンジャも宇宙最大のザンギャック帝国には頭が上がらず、戦国時代よろしく服従と忠誠の証として息子を人質として差し出していた。
「すまぬ息子よ、ジャカンジャを守るためにはこうするしか…(血涙)」
3.吸収合併タイプ
ハリケンジャーとの戦いで壊滅したジャカンジャをザンギャック帝国が吸収合併、能力のある宇宙忍者のみ残してあとはリストラでお払い箱に…。
「おのれスーパー戦隊、父の敵だ!(そんな感じは微塵もなかったな…)」

真実はどれだ(笑)。

そして、今回登場のサタラクラJr.はまさかのセクハラ大王(笑)。インサーン様とルカが早速の被害に(笑)。次週はアイムと七海さんが被害に遭うのか?(違)

また、サンダールJr.は声がシャアすぎる(笑)。通常の3倍のスピードで動かれても文句は言えません(笑)。でも、何故かアカレッドさんなら手早く退治してくれそうな気がする。アカレッドさん、こっちです。早く来て下さい(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。