KENTAのお気楽な趣味の日記

好きなアニメ・コミックの感想を中心に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第26話 「シュシュッとTHE SPECIAL」 感想

先週からの続き。
3人vs3人のにらみ合いからスタート。

鎧の言い分はもっともです。ヒュウガとのやり取りを経て成長したなと思わせてくれます。相手がレジェンドでもひるまずに自分の意見をしっかりと言えるようになりました。マーベラス達を悪く言われて怒るあたり、しっかりとマーベラスへの信頼が大きく育っていることを伺わせます。

そして、マーベラスへの信頼を鎧とは違った形で表現したのがアイムです。彼らしかボキ空間に乗り込めないと知るや、躊躇無くレンジャーキーを手渡します。他の2人は慌ててましたが(笑)。そして、ハリケンジャーに「返す気が無くなるかもしれないぞ」と言われれば、「力ずくで取り返します」と返す剛胆さ(笑)。やはり、このへんの交渉スキルは王族ならではというところなのでしょうか。見ていてシビレましたよ(笑)。当然、そのような事態には陥らない、マーベラスにちゃんと接してもらえればその良さをわかってもらえるから…、との確信があってのセリフです。まさかホントにいざとなったら…、とは考えてないよね(笑)。

ボキ空間に突入したハリケンジャー達。マーベラス達のことを認めたは良いのだが、認めた瞬間のアクションが頭突きというのがおかしかった(笑)。あれは食らったマーベラスもなにが起きたのか理解できなかったに違いない(笑)。

9人でサタラクラJr.をボコッたあとは、ゴーカイガレオンでみんなで仲良く会談です。超忍法を伝授してもらったり、レッド同士で談笑したり、良い雰囲気です。「伝説の後継者」とまで呼ばれたりして、当初の険悪な空気はどこへやら。そして、最後にアイムのネコ耳がぜんぶ持って行った(笑)。インパクト強すぎです。初めから終わりまで、見所だらけの傑作回でした!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

KENTAのカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。